カテゴリ:楽天イーグルス'17( 169 )

星野監督


まだ信じられないし
まだ言葉にできないです

星野監督がいらっしゃらなかったら、金本さんは阪神に入団されることもなかっただろうし
金本さんを観て私も野球ファンになってなかったろうし
なんの生き甲斐もなかったんだろうな、、、と

正直、阪神ファンをやめた時に、星野監督と関わることはもうないんだろうなと思っていたので、
イーグルスの監督に決まったときは、本当に衝撃的でした

イーグルスに優勝、日本一の喜びを教えてくださったのは、星野監督なので
2018シーズンをご覧になられて、天国では安心していただけるように
皆で頑張らなきゃですね!!

野球の楽しさを教えていただき、ありがとうございました!

ご冥福をお祈りいたします



[PR]
by mohikan-5 | 2018-01-06 21:00 | 楽天イーグルス'17 | Comments(0)

お久しぶりです。

また元気におさぼりを

オフはなかなか記事にするのが難しいんですよね

今日はオフネタキター!!ということで、朝から更新する気満々でした


楽天来季副主将にウィーラー 外国人選手異例の抜てき!責任感の強い熱血漢

 楽天・梨田昌孝監督(64)が来季の副キャプテンに、ゼラス・ウィーラー内野手(30)を指名する考えであることが24日、分かった。キャプテンは嶋基宏捕手(33)を続投させる。

 外国人選手としては異例の抜てきだ。ウィーラーは明るく、陽気な性格でチームのムードメーカー。責任感が強い熱血漢でもあり、「最初、(来年は)ウィーラーをキャプテンにしようかと思っていたくらい」と話したほど。チームにお祭り助っ人のスピリットを注入したい考えだ。

 嶋主将は来季で4年目となる。指揮官は「(日本プロ野球)選手会会長も終わって、多少は負担が減って楽になると思う。もう1年、嶋でと思っています」と説明。文句なしのキャプテンシーに全幅の信頼を置く。

 そして、「1番が嶋で、2番がウィーラー」と話し、来日4年目を迎える助っ人をもう一人のリーダーに任命。梨田流の嶋&ウィーラー体制で5年ぶりVを目指す。

 楽天・梨田昌孝監督(64)が24日、驚きの人事案を掲げた。来季の主将は4年連続で嶋に託すことを明かした上で、正式なポストではないが“副将”にウィーラーを指名。外国人選手にチームのまとめ役を任せることは異例だが、来日4年目を迎える助っ人へ「色々考えて(主将を)ウィーラーにしようかとも思った。嶋が1番で、2番目がウィーラー」と期待した。来年2月のキャンプイン前にも本人に正式に伝える見込みだ。

 さらに早くも次期主将には茂木を指名。来季3年目で、2月に24歳だが「(茂木を)もっと前に出るようにしたい。あいつは前に出ることに対して『いや…』と頑固なのでね。絶対に『ハイ』とは言わない。呼吸するところはどこ? と聞いたら『肺』と言うと思うけど」と指揮官。これまでの野球人生で主将経験が1度もないという茂木も「1年間試合に出続けてチームにとって誰もが必要と思われるような存在になりたい」と決意を新たにした。


ついに、嶋キャプテンもラストイヤーへ
選手会会長を退任されたし、あと2年ぐらいはキャプテンなのかな?と思ってましたが、まさかの事前発表
茂木くんの性格的に1年間の準備期間という形になった感じですかね

個人的には、本当に来年は日本一になって欲しいです
そして嶋さんの胴上げがみたいです
嶋さんは断られるかもしれないですが・・
他のチームのキャプテンや選手会長の胴上げを見ていたら、嶋さんもそれ以上に頑張られましたよ!!と思ってしまうので、どうしても

悔いなく、茂木くんへのバトン
繋げますように



[PR]
by mohikan-5 | 2017-12-25 23:12 | 楽天イーグルス'17 | Comments(0)

その視線の先に

b0120387_22273964.jpg
嶋さん、誕生日おめでとうございます!!
ただただ、イーグルスの嶋さんを応援させてもらえるだけで感謝です
来年は離脱することなく、日本一になるべく突っ走ってください!!
まだ、直人さんと共に日本一になったイーグルスは知らないので、
なんとしてもよろしくお願いいたします!!

公式サイトがあるおかげで、オフでも嶋さんの言葉を受け取ることが出来て本当に嬉しいです
お忙しい時期にも関わらず、ありがとうございます!


言葉にするのが上手じゃないから、
迷惑をかけない範囲でネタに走っちゃうんですけどね(;^_^A
真剣に書きましたが、どうなんだろ?な感じになってしまいました←

写真は、唯一まともに撮れてたザ・捕手という感じのものにしてみました
捕手としての試合中に見せる真剣な表情が本当にかっこいいです
ここ数年で円熟味を増されてますよね^^

[PR]
by mohikan-5 | 2017-12-13 00:00 | 楽天イーグルス'17 | Comments(0)

今季ベストショット

b0120387_22013018.jpg
これで笑い転げるなと言われても、笑い転げるしかない写真
久しぶりに見たらまだまだ現役の笑いのツボ押し写真でしたので、今日の1枚に

ただ、磯部コーチと確認中の茂木くんを撮りたかっただけなんですが
思いっきりカメラ目線な梨田監督
(私の記憶間違いじゃなかったらわざとだと思います)
サービスショットをありがとうございました!!!!

[PR]
by mohikan-5 | 2017-12-12 22:06 | 楽天イーグルス'17 | Comments(0)

明日はファンミ!

b0120387_22003607.jpg
というわけで、今月ファンミを控えてらっしゃるお二方をチョイスしてみました
今日、LINEで教えていただくまで知らなかったというのは、きっと気のせいです(`・ω・´)

バトスタへ行ってきましたー
「今年もイーグルスの尺、無さそうwwwwww」
と思ったことを心よりお詫び申し上げます
ダークホース・塩見さんと命名せざるを得ない、素晴らしい活躍でした
以上、唯一のオフイベレポートでした

写真等々は安定の「気が向いたらで」

オフの2か月
悔いなく使いたいので
と言いながら、また某プロスピAもやってるんですけどね

[PR]
by mohikan-5 | 2017-12-11 22:08 | 楽天イーグルス'17 | Comments(0)

原因究明

 今季で4年契約を終えた楽天の嶋が4日、仙台市内で契約更改し、現状維持の1億円の単年契約を結んだ。
 主将として8月中旬まで首位を走りながら終盤に10連敗を喫するなど失速して3位に転落した責任を痛感し「8月以降の戦い方が今後課題になるので、チームとしてどう乗り切っていくかという話をさせていただいた」と失速の原因究明を球団に要望した。
 来季へ向けて走り込みを増やすといい「一からやり直したいという気持ち」と決意を示した。

失速しないためにも、チームとしての方針を共有したいということですよね
来年、マークもまた変わってくるでしょうし
今年CSを味わえたということは大きいですよね
13年を知らない若手組は特に
あと1歩だっただけに、そこから何を感じたかな気がします

[PR]
by mohikan-5 | 2017-12-05 22:36 | 楽天イーグルス'17 | Comments(0)

契約更改と人権教室

 楽天・嶋が4日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の1億円でサインした。今季が4年契約の最終年で、来季は単年契約を結んだ。

 今季は112試合で打率・199と苦しんだが、正捕手として4年ぶりのCS進出に貢献。「CSファイナルSで2つ勝って、相手をちょっとでも苦しめられたのは自信になった。来年につなげていきたい」と13年以来の日本一へ照準を合わせた。

 この日は、仙台市内で人権をテーマとしたトークショー「移動人権教室」にも参加。約180人の小学生に、相手の気持ちを考えることの大切さなどについて呼びかけた。イベント後には「僕も相手のことは常に考えて行動するようにしている。いろいろな人への感謝の気持ちを忘れてはいけないと考えさせられました」と話した。

楽天の嶋基宏捕手(32)が4日、仙台市コボパーク内の球団事務所で契約更改し、現状維持の1億円(推定)でサインした。

 嶋は今季、4月下旬に腰痛で登録抹消されたこともあったが112試合に出場し、3本塁打28打点、打率1割9分9厘の成績を残した。扇の要を担う主将として投手陣、チームを引っ張って、4年ぶりのCS進出に大きく貢献。だが、個人の成績には満足せず「誇らしい数字はひとつもありませんし、胸張って今年1年間できたとは思わない」と振り返った。

 来季はソフトバンクから山下斐紹捕手が加入。ベテランの細川、成長著しい足立や下妻らとともにポジション争いはより激化する。球団初の日本一に輝いた13年以来のリーグ優勝へ「パレードしているホークス、カープを見てもう一回やりたいなと思った。優勝することであれだけの方が喜んで、感動してくれることは選手としてありがたいこと。もう一度優勝をファンの方と分かち合いたい」と誓った。

楽天・嶋が人権週間イベントに登場 小学生へ「常に相手のことを考えて」

 楽天・嶋基宏捕手(32)が4日、仙台市内で、法務省と全国人権擁護員連合会が子どもたちに相手への思いやりを学ぶことを目的として開催している「人権週間『移動人権教室』」のトークショーに参加した。

 同市内の小学5、6年生約180人を前にユニホーム姿で登場した嶋は、小学生当時の思い出を披露したり、児童からの質問に答えた。「野球も常に相手のことを考えるスポーツ。キャッチボールひとつでもそう。相手のことを考えて、相手の捕りやすいところに投げる」と児童たちにわかりやすく伝え、「常に相手のことを考えて行動していってほしい」と説いていた。

今シーズン、個人としては胸を張って言える数字ではないですが、CSファイナルまで進出し、そこで福岡ソフトバンクに最初2つ勝って、苦しめることができたのは自信になりました。
そういうところを来シーズンにつなげていきたいですし、あのような舞台で試合をしないと、やはり上手くならないとも思いました。
毎年あのような舞台に立つ福岡ソフトバンクは強いなと思いましたし、そこに追いつくためにも毎年Aクラスに入ることが大事だと思います。
福岡ソフトバンクや広島の優勝パレードを見て、自分たちももう一回やりたいと思いましたので、来年はもう一度優勝をファンの皆さんと味わいたいです


人権教室があるので、今日は契約更改じゃないなと思ってたら
サクサクとオフの恒例行事をすまされてました

政治家への道を着々と。

にしか見えませんorz

政治家になる前に、1年間だけ監督をしてください
そしたら満足しますので(たぶん)

嶋さんの人権講義受けたかったです
この調子だと大学の講義にも出向いて行かれるんですかね、今オフも

今までにないプロ野球選手への道がまだまだ続くオフとなりそうです

[PR]
by mohikan-5 | 2017-12-04 23:26 | 楽天イーグルス'17 | Comments(0)

過去の写真を振りかえる

b0120387_23021406.jpg
まーた、まっちゃんが嶋さんが好きブレない心を発揮されたので、ルーキー時代のまっちゃんを掲載しようとしたところ、こうなりました←
ちなみに、こちらは2014年の嶋さんとなっております

本当に嶋さん大好きっこですよね、まっちゃんは
先日ようやく読んだ「2017楽天V進撃」での則本くんとまっちゃんの対談で何度もだえさせてもらったことか(;^_^A
九州での試合の際は、松嶋さんバッテリーは屋台に行かれたのかな?なんて想像してしまいますね

写真は貯めすぎているので、エピソードなしならつなげるかなとも思いつつ
安定の気分屋を発揮していきたいと思います(`・ω・´)

[PR]
by mohikan-5 | 2017-12-02 23:13 | 楽天イーグルス'17 | Comments(0)

<E番ノート・球譜>渡辺直の復帰 愛され続ける人間味

 青天のへきれきだった。「えっ、横浜(現DeNA)にトレード?」。球界関係者からの電話でうわさ話を聞いた渡辺直の表情が突然、曇った。2010年12月6日深夜、仙台市内の飲食店で一緒に焼き肉の台を囲んでいた。
 翌年は大リーグから国内復帰する松井稼と正遊撃手を争う。4季定位置を守っていた30歳は鬼気迫る表情で対抗心をにじませたばかり。「開幕でショートを譲っても、一年が終わった時は『やっぱり直人だ』って思われるように頑張る」

<動揺の色見せず>
 翌朝、一部スポーツ新聞が移籍をスクープした。それでも本人は動揺の色を見せず、自主トレ先の千葉県へ。8日、彼から電話があった。9日に仙台市へとんぼ返りして球団幹部と面会するという。「覚悟はしています」の言葉とは裏腹に心細そうな声。たまらず「明日、そこで出てくるのを待っているよ」と返した。
 面会場所のホテルから出てきた本人は意外なほど穏やかだった。「松井が来て、君がベンチを温める姿を見たくない。求められた横浜でキャリアを積む考え方もある」。球団幹部の説得を前向きに受け止めようと必死だったのだろう。
 だが、時間を置かず臨んだ退団の記者会見でファンへの思いを問われると、もう涙をこらえ切れなかった。翌10日の契約更改会見では嶋、鉄平、草野も泣いて別れを惜しんだ。創設期の寄せ集め軍団から脱却し、生え抜きの若手が増えていた。渡辺直は若手の心のよりどころで、選手会長就任直後の嶋と並んでチームの未来を担う人材だと誰もが信じていた。

<後輩の指導担う>
 東日本大震災が起きた11年、彼は横浜の正二塁手になり、オールスター戦で仙台に帰ってきた。その敢闘賞の賞金100万円を仙台市に寄付。心は被災地とともにあったからだ。「最短で14年にフリーエージェント(FA)権が得られる。その時、楽天に手を挙げてもらえる選手でいたい」。だが、12年に定位置を失い、13年前半は2軍にいた。「出番がなく、選手として終わりかけていた」という7月、トレードで西武へ移った。
 「拾ってもらった恩義がある。自分から西武を出て行くようなまねはできない」。15年にFA権を得た時、考え方は変わっていた。年々、守備固めや代打に役割が限られていく中、秋山(八戸大出)ら後輩の指導を積極的に引き受けた。今季は世代交代があって、ほぼ2軍暮らし。10月に戦力外になった。
 あれから7年、渡辺直が帰ってくる。当時、球団は否定したものの、主力選手のポスティングシステムによる大リーグ移籍が失敗したチーム編成の余波を、彼が受けたのは自明だった。昭和の名作ドラマ「おしん」のような泣き別れにも、彼の口から一度も恨み言を聞いたことはなかった。
 それこそが、東北のファンに惜しまれ続けた彼の人間味だ。「チームの模範になる」と評価して、機を見て呼び戻した球団にも家族的な愛情を感じる。30日に入団会見がある。ファンに代わってただ一言、告げたい。
 「おかえり」


 7年ぶりに楽天復帰した渡辺直人内野手(37)が30日、仙台市内の球団事務所で入団会見を行った。

 第一声は「ただいまです」だった。「イーグルスさんから連絡をいただいた時は本当に心の底からうれしかった」。10年オフの横浜(現DeNA)へのトレード移籍会見で号泣して以来の古巣復帰に、会見中は目が潤む場面もあった。会見後は当時、渡辺の移籍直後の契約更改で号泣した現ジュニアコーチの鉄平と遭遇。渡辺直が「てつ〜」と呼び止めると、鉄平が「何日か前にラインしたのにスルーでしたね」と突っ込みつつも、がっちりと手を握り合った。帰り際には集まったファンに歩み寄り、サインや写真撮影も行った。「いままで野球をやってこれたひとつの大きな力だと思ってすごく感謝していますし、応援してくれる方のためにも期待に応えたい、応えるための努力をしたい」。復帰を待ちわびていたファンへそうメッセージを残した。



 ▼以下、一問一答。

(冒頭あいさつ)

 「8シーズンぶりにイーグルスに帰ってくることになるました。イーグルスのために、東北のファンのみなさんのために全力でプレーするつもりでいます。来シーズンからよろしくお願いします」

 ――今の気持ちは

 「イーグルスさんから連絡をいただいた時は、本当に心の底からうれしかったですし、また東北でイーグルスのユニホームを着てプレーできるというのも、ゾクゾクするような気持ち、本当にうれしくて、言葉にならなかったですね」

 ――ゾクゾクするくらいうれしいというのは、どんな思いが楽天にあったからか。

 「やっぱりイーグルスは僕にとって特別なチーム。離れても僕の中では気になるチームだった。できればもう一度、ユニホームを着たいという気持ちを持ちながらずっとプレーしてきたので、本当に言葉にならない気持ちでした。信じられないような気持ちでした。いま、僕が野球ができているのはイーグルスのおかげなので感謝の気持ちしかないです」

 ――心なしか目が潤んでいるような感じだが。

 「(涙が)出てました?いや、でも、またここで野球ができるという思いが今日、一段と強くなったので、本当に言葉にならないような気持ちですね」

 ―久々に楽天のユニホームに袖を通した。背番号は26。

 「やっぱり、感慨深いというか。感動しますね。うれしいです。背番号はその番号が自分の色になるように、応援される背番号になるように努力します」

 ――外からみていた楽天は。

 「ベテランと若手とうまく噛み合って、いいチームだなと思って見ていました。ライオンズ時代に胴上げの瞬間を目の前で見ていたんですけど、悔しいと思う反面、ここまで来たんだなという気持ちで胴上げを見ていましたね」

 ――8年前とチームも変わっている。立場も変わり、どんな役割をと考えているか。

 「持っているものをすべて出す、出し切る。成績を出せるとかそういうのは分からないけど、今まで積み重ねてきた経験とか、自分が持っている野球の能力をすべて出し切る、という気持ちです」

 ――来季どんなプレーを。

 「がむしゃらにプレーしたい。自分ができることを、手を抜かずに精一杯やるだけですし、グラウンドに出れば年齢は関係ないので、自分ができることを精一杯やる。それを1日、1日、積み上げていくだけだと思うので、全力でやっている姿というものを見てもらいたいと思います」



私にとってのミスターイーグルスが戻ってきました
もちろん、嶋さんもなんですが
説明はできないですが、”イーグルスっぽい”という言葉に、直人さんは必ず含まれてますからね
映像は観てないですが、コメントだけで直人さんの人柄が伝わってきますね

直人さんのピッチャーへの声かけ、人がいない球場だと確実に聞こえるんですよね
なので、来季ピッチャーがマウンドで孤独になることはないんじゃないかと
早くまっちゃんと嶋さんの握手タイム&それに駆け寄る直人さんが観たいです

本当に戻ってきていただいてありがとうございます!
直人さん、おかえりなさい!!




[PR]
by mohikan-5 | 2017-11-30 23:19 | 楽天イーグルス'17 | Comments(0)

二塁手

b0120387_22223981.jpg
ランナーがいたら追い込んでそうですよね


明日は週刊ベースボールの発売日
則本くんとライオンズの秋山さんの対談が掲載されます^^
私が読めるのはたぶん木曜日ですかね


[PR]
by mohikan-5 | 2017-11-28 22:30 | 楽天イーグルス'17 | Comments(0)