<E番ノート・球譜>渡辺直の復帰 愛され続ける人間味

 青天のへきれきだった。「えっ、横浜(現DeNA)にトレード?」。球界関係者からの電話でうわさ話を聞いた渡辺直の表情が突然、曇った。2010年12月6日深夜、仙台市内の飲食店で一緒に焼き肉の台を囲んでいた。
 翌年は大リーグから国内復帰する松井稼と正遊撃手を争う。4季定位置を守っていた30歳は鬼気迫る表情で対抗心をにじませたばかり。「開幕でショートを譲っても、一年が終わった時は『やっぱり直人だ』って思われるように頑張る」

<動揺の色見せず>
 翌朝、一部スポーツ新聞が移籍をスクープした。それでも本人は動揺の色を見せず、自主トレ先の千葉県へ。8日、彼から電話があった。9日に仙台市へとんぼ返りして球団幹部と面会するという。「覚悟はしています」の言葉とは裏腹に心細そうな声。たまらず「明日、そこで出てくるのを待っているよ」と返した。
 面会場所のホテルから出てきた本人は意外なほど穏やかだった。「松井が来て、君がベンチを温める姿を見たくない。求められた横浜でキャリアを積む考え方もある」。球団幹部の説得を前向きに受け止めようと必死だったのだろう。
 だが、時間を置かず臨んだ退団の記者会見でファンへの思いを問われると、もう涙をこらえ切れなかった。翌10日の契約更改会見では嶋、鉄平、草野も泣いて別れを惜しんだ。創設期の寄せ集め軍団から脱却し、生え抜きの若手が増えていた。渡辺直は若手の心のよりどころで、選手会長就任直後の嶋と並んでチームの未来を担う人材だと誰もが信じていた。

<後輩の指導担う>
 東日本大震災が起きた11年、彼は横浜の正二塁手になり、オールスター戦で仙台に帰ってきた。その敢闘賞の賞金100万円を仙台市に寄付。心は被災地とともにあったからだ。「最短で14年にフリーエージェント(FA)権が得られる。その時、楽天に手を挙げてもらえる選手でいたい」。だが、12年に定位置を失い、13年前半は2軍にいた。「出番がなく、選手として終わりかけていた」という7月、トレードで西武へ移った。
 「拾ってもらった恩義がある。自分から西武を出て行くようなまねはできない」。15年にFA権を得た時、考え方は変わっていた。年々、守備固めや代打に役割が限られていく中、秋山(八戸大出)ら後輩の指導を積極的に引き受けた。今季は世代交代があって、ほぼ2軍暮らし。10月に戦力外になった。
 あれから7年、渡辺直が帰ってくる。当時、球団は否定したものの、主力選手のポスティングシステムによる大リーグ移籍が失敗したチーム編成の余波を、彼が受けたのは自明だった。昭和の名作ドラマ「おしん」のような泣き別れにも、彼の口から一度も恨み言を聞いたことはなかった。
 それこそが、東北のファンに惜しまれ続けた彼の人間味だ。「チームの模範になる」と評価して、機を見て呼び戻した球団にも家族的な愛情を感じる。30日に入団会見がある。ファンに代わってただ一言、告げたい。
 「おかえり」


 7年ぶりに楽天復帰した渡辺直人内野手(37)が30日、仙台市内の球団事務所で入団会見を行った。

 第一声は「ただいまです」だった。「イーグルスさんから連絡をいただいた時は本当に心の底からうれしかった」。10年オフの横浜(現DeNA)へのトレード移籍会見で号泣して以来の古巣復帰に、会見中は目が潤む場面もあった。会見後は当時、渡辺の移籍直後の契約更改で号泣した現ジュニアコーチの鉄平と遭遇。渡辺直が「てつ〜」と呼び止めると、鉄平が「何日か前にラインしたのにスルーでしたね」と突っ込みつつも、がっちりと手を握り合った。帰り際には集まったファンに歩み寄り、サインや写真撮影も行った。「いままで野球をやってこれたひとつの大きな力だと思ってすごく感謝していますし、応援してくれる方のためにも期待に応えたい、応えるための努力をしたい」。復帰を待ちわびていたファンへそうメッセージを残した。



 ▼以下、一問一答。

(冒頭あいさつ)

 「8シーズンぶりにイーグルスに帰ってくることになるました。イーグルスのために、東北のファンのみなさんのために全力でプレーするつもりでいます。来シーズンからよろしくお願いします」

 ――今の気持ちは

 「イーグルスさんから連絡をいただいた時は、本当に心の底からうれしかったですし、また東北でイーグルスのユニホームを着てプレーできるというのも、ゾクゾクするような気持ち、本当にうれしくて、言葉にならなかったですね」

 ――ゾクゾクするくらいうれしいというのは、どんな思いが楽天にあったからか。

 「やっぱりイーグルスは僕にとって特別なチーム。離れても僕の中では気になるチームだった。できればもう一度、ユニホームを着たいという気持ちを持ちながらずっとプレーしてきたので、本当に言葉にならない気持ちでした。信じられないような気持ちでした。いま、僕が野球ができているのはイーグルスのおかげなので感謝の気持ちしかないです」

 ――心なしか目が潤んでいるような感じだが。

 「(涙が)出てました?いや、でも、またここで野球ができるという思いが今日、一段と強くなったので、本当に言葉にならないような気持ちですね」

 ―久々に楽天のユニホームに袖を通した。背番号は26。

 「やっぱり、感慨深いというか。感動しますね。うれしいです。背番号はその番号が自分の色になるように、応援される背番号になるように努力します」

 ――外からみていた楽天は。

 「ベテランと若手とうまく噛み合って、いいチームだなと思って見ていました。ライオンズ時代に胴上げの瞬間を目の前で見ていたんですけど、悔しいと思う反面、ここまで来たんだなという気持ちで胴上げを見ていましたね」

 ――8年前とチームも変わっている。立場も変わり、どんな役割をと考えているか。

 「持っているものをすべて出す、出し切る。成績を出せるとかそういうのは分からないけど、今まで積み重ねてきた経験とか、自分が持っている野球の能力をすべて出し切る、という気持ちです」

 ――来季どんなプレーを。

 「がむしゃらにプレーしたい。自分ができることを、手を抜かずに精一杯やるだけですし、グラウンドに出れば年齢は関係ないので、自分ができることを精一杯やる。それを1日、1日、積み上げていくだけだと思うので、全力でやっている姿というものを見てもらいたいと思います」



私にとってのミスターイーグルスが戻ってきました
もちろん、嶋さんもなんですが
説明はできないですが、”イーグルスっぽい”という言葉に、直人さんは必ず含まれてますからね
映像は観てないですが、コメントだけで直人さんの人柄が伝わってきますね

直人さんのピッチャーへの声かけ、人がいない球場だと確実に聞こえるんですよね
なので、来季ピッチャーがマウンドで孤独になることはないんじゃないかと
早くまっちゃんと嶋さんの握手タイム&それに駆け寄る直人さんが観たいです

本当に戻ってきていただいてありがとうございます!
直人さん、おかえりなさい!!




[PR]
# by mohikan-5 | 2017-11-30 23:19 | 楽天イーグルス'17 | Comments(0)

二塁手

b0120387_22223981.jpg
ランナーがいたら追い込んでそうですよね


明日は週刊ベースボールの発売日
則本くんとライオンズの秋山さんの対談が掲載されます^^
私が読めるのはたぶん木曜日ですかね


[PR]
# by mohikan-5 | 2017-11-28 22:30 | 楽天イーグルス'17 | Comments(0)

b0120387_23001428.jpg
以上、心の声でした
(書くネタがないので、小ネタでごまかしたとは言っていません)


[PR]
# by mohikan-5 | 2017-11-27 23:03 | 楽天イーグルス'17 | Comments(0)

選手会長交代

楽天の来季の選手会長に岡島豪郎外野手(28)が就任することが21日、分かった。
昨季から2シーズン務めた現会長の銀次内野手(29)から「若い選手が多いチーム。中心となって引っ張ってほしい」と指名された。
近日中に行われる選手会納会で正式に発表される見込み。「気を引き締めて頑張りたい」と話した。
 チームをまとめる役職とともに来季は挑戦の年となる。今月の倉敷・秋季キャンプで捕手の練習を開始。ベンチ入り捕手を2人制にした際の「第3捕手」として、梨田監督から提案された。もともと捕手として11年ドラフト4位で入団し、13年途中に外野手に転向した。「チームの危機管理」と、既にキャッチャーミットの他に防具のレガーズも発注済みだ。6年目の今季は111試合で打率2割6分、3本塁打に終わった。来季は、選手会長にふさわしい活躍をみせる。

タケローくんはいつかは通らないといけない道なんだろうなぁとは思ってました
会計担当に就いた時点で既定路線だったのかな?と
心強い先輩方がたくさんいらっしゃるので、空回りしかけた時は、大丈夫かなと思います

さて、茂木くんは何の役職になられるんでしょうか(笑)
役職に就かれるのは来年からなのか
再来年からなのか
そして間に誰かを挟んでの茂木くんへの選手会長バトンになるのか
今から密かな楽しみです



[PR]
# by mohikan-5 | 2017-11-22 23:16 | 楽天イーグルス'17 | Comments(0)

ザ・不定期

 日本プロ野球選手会の嶋基宏会長(32=楽天)が、12月7日の選手会総会をもって退任する方向であることが20日、分かった。

 嶋は新井貴浩前会長(広島)の後を受けて12年11月、初のパ・リーグ出身の選手会長に就任。東日本大震災の被災球団の選手会長として復興への取り組みに尽力し、前年の11年4月2日の慈善試合では「見せましょう、野球の底力を」とのスピーチで被災者と球界の心を一つにした。後任の次期会長については選定作業を続けている。

 この日は都内でNPBと選手会による事務折衝も行われ、選手会はFA選手のA~Cランクについて選手自身に事前に通達するよう要求。移籍の際の補償条件が変わってくるためで、森忠仁事務局長は「(FA宣言して)手を挙げる前に知りたい」とした。

嶋さん、やっと選手会長の任を解かれる模様
5年間お疲れ様でした!
公式HP解説も重荷が一つとれたからですかね
嶋さん、キャンプが終わって翌日東京だったんですかね
これで少しはオフの時間を嶋さん自身の時間として使えるようになりますように

後継は、西武の炭谷銀仁朗さんが有力とのこと
ぶっちゃけ、巨人の選手がすればいいと思いますけどね
嶋さんから依頼があったら断れないはず(真顔)

 日本プロ野球選手会と国学院大は21日、教員やスポーツ指導者を目指す元プロ野球選手への就労を支援するために「セカンドキャリア特別選考入学試験」に関する協定を結んだと発表した。

 球界初の試みで、2013年12月に同様の協定を結んだサッカーのJリーグではOB2人が在学中。

 選手会が推薦した元選手が作文と面接による試験を受け、合格者は人間開発学部で教職課程を履修する。Jリーグと合わせ、合格者は3人以内。

 協定式に出席した選手会の大島洋平理事長(中日)は「教壇に立つことができれば(引退後の)幅が広がる」と話した。


選手が取り巻く環境(年俸、セカンドキャリア面)の整備がかなり進んだイメージのある、嶋会長の任期期間

その集大成ですかね

既にサッカー界で前例があったことと、嶋さんの母校

どういう話でこのプロジェクトが進行したのか、裏話が気になるところ


直人さんがイーグルスに復帰

契約合意という言葉を聞くまで何度ソワソワしたことか(;^_^A

本当におかえりなさい

背番号は26

また、同期入団コンビに会えることを楽しみにしています

写真がピンボケ&既出なのはご愛敬で←

b0120387_23013905.jpg
以上、不定期更新でした
更新するタイミングを逃してズルズルと・・・


[PR]
# by mohikan-5 | 2017-11-21 23:32 | 楽天イーグルス'17 | Comments(0)