キャッチャーさん関連のコラム

E 6-8 Bs
<今日の嶋さん>
7回表 代打→守備
打率.248
右フライ

バッテリー
戸村、大塚

2か月ぶりに定時出社して、とにかく駅まで急いで、ギリギリ乗れる電車に乗ったにも関わらず、スタメン落ち
なんのための苦労だったのかOTL
最近7時以降じゃないと嶋さんを観れていなかったので、余計にショックでした

そんなこともあり、嶋さんの打撃を見逃したまま、録画を消してしまいました。。。

西野くんに打たれたところとカラバイヨさんを抑えたところと、大塚くんとのバッテリーは観てました

途中で嶋さんが登場するなら、休憩デーもうけなくても。。。
ファームでの好成績が影響して、森くん-小関くんバッテリーになった模様
でもこういう日しか休めないですしね
仕方ないですかね


キャッチャーさん関連のコラムが2本ありました。
1本は、1か月前の分ですが(^_^;)
キャッチャーさんのコラム大好き人間には、たまらない話でした

どちらも野口さんのコラムです
野口さんのコメントも野村監督のDNAが含まれてますね
嶋さんもおっしゃられていることと同じような内容のコメントもありました
キャッチャーさんの指導はどのレベルでも難しい、専門職なんだなと思いました
嶋さんもいつか、キャッチャーさんを育成できる指導者になられるんですかね?
でも、出来たら引退後も嶋さんのお声をお聞きできるところにいて欲しいなぁ。。と
アウェイであんまり情報がないのはなんとも思っていないのですが、引退後はどうなのかなぁ・・とはたまに考えてみたり
とりあえず、1試合1試合後悔しないように大事に楽しみたいと思います

巨人・阿部に続く存在は? 「球界NO1捕手」の称号を引き継ぐのは誰だ
野球解説者の野口氏が挙げる候補者、最有力は侍ジャパンの大黒柱?

 今季開幕から一塁にコンバートされていた巨人の阿部慎之助が、新加入の相川亮二の故障離脱を受けて捕手に復帰した。原辰徳監督の大きな決断で、巨人は安定感を取り戻したように見える。阿部が生き生きとプレーする姿も印象的だ。「球界NO.1捕手」の肩書は、やはりこの男にふさわしいと言えるだろう。

 では、阿部が再び一塁に戻る時、その称号を引き継ぐ選手は誰なのか。各チームでレギュラーを任される若手捕手が台頭してきている中、球界を引っ張ることができる選手はいるのだろうか。

 ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜と4球団で捕手として活躍してきた野球解説者の野口寿浩氏は「やっぱり総合的に全ての部分をトータルで考えると、一番いいのは楽天の嶋君かなという気はしますよね」と話す。侍ジャパンでも大黒柱として活躍する嶋は、攻守両面でハイレベルだという。

「バッティングでは大きいのはないけど、毎年3割近く打つし、右に打たせれば天下一品。打つ方で結果を出せれば、守りにも少し余裕が出るというのは、僕が現役の頃もそうでした。プラス、彼には野村さんのレシピといいますか、そういうものがありますから。すごくいいキャッチャーになったなと思って見てます。侍ジャパンの中で彼は外せない選手になりましたよね」

 楽天ではルーキー時代から野村克也元監督の厳しい指導を受け、リード面を磨いてきた。それが、嶋の最大の強みであることは確かだ。

「打者と何回も対戦していく中で、自分の中でデータも蓄積されているはずだし、そのデータの活かし方も野村さんから教わっているはずなので。楽天は投げる方に少し問題があるので、チーム成績が上がらないこともありますけど、その中で理にかなったリードをしますよね」

 投手力が決して高いとはいえない楽天だが、それを牽引する嶋のリードには光る部分があるという。そして、ヤクルト時代に野村元監督の元でプレーした経験を持つ野口氏は、実は名将が去った後に、厳しい指導の成果が出てくると説明する。

野村元監督に指導を受けたからこそ成長した嶋

「野村さんはキャッチャーのリードに厳しい方だから、どうしても、キャッチャーの意識は知らず知らずのうちに対相手チームではなくなってしまうことがあるんです。キャッチャーが野村監督と勝負しているんですよ。若いうちは特にそうですね。ピッチャーには厳しいリードになってしまう。

 だけど、そう言われながらも教わったことが出来るようになりつつあって、監督が交代された。そして、2年後には星野さんという、そこまでリードについては言われない方が入った。もちろん、星野さんも言いますけど、野村さんほどではない。そうなってくると、自分で考えて、ベンチに向いていた意識が、グラウンド方向に向けられるようになります。ピッチャーのことを考えられるようになるんです」

 嶋も、楽天が初の日本一に輝いた2013年に、自身の変化について「ピッチャーに優しいリードになった」と表現している。相手の弱点を突くよりも、投手の力を最大限に活かすことを考える。そんなリードになったというのだ。これも野村元監督の指導があったからこそ可能になったのだと野口氏は指摘する。

「(野村元監督にリードについて)言われたからこそ、そうなったんです。言われなかったら、いつまでたってもそう(投手目線に)はならない。(意識が)いろんな方向を向いちゃうんです。投手に集中してあげられない。嶋君はいい時に野村さんについたと思います」

 絶対的な土台の上に築かれている嶋のリードが、現在の球界の中でもトップクラスであることは間違いない。

 野口氏がもう1人、気になる存在として名前を挙げるのは、オリックスの伊藤光だ。25歳の若き捕手は2013年にレギュラーの座をつかみ、昨年は優勝争いを繰り広げたチームで奮闘した。今年は開幕からオリックスにとって苦しい戦いが続き、32歳の山崎勝己が先発マスクを被る試合も出てきている。だが、これは伊藤にとって貴重な経験になると野口氏は言う。

「去年もすごくいい経験しているけど、今年も苦しんでいる。こっちのほうがいい経験だと思うんですよ。去年の優勝争いの最後のしんどい中で勝っていかないといけないという経験もいいですけど、うまくいかなかった時の経験のほうが、その先に生きてくると思うんです。

 今年は補強して、オリックスが優勝候補ナンバーワンという声もある中で開幕したにもかかわらず、いきなりこけてしまった。若いうちにこういう経験をしておくのも大事だと思います」

西武・炭谷銀仁朗らも「球界NO1捕手」候補

 しかも、オリックスは開幕から僅差での敗戦が多かった。これこそが伊藤にとっては大きいという。

「1点差だったら、バッテリー間で何とかすればその1点は防げたところがあるかもしれない。そういうのが勉強になってくる。大量失点で負けてばかりになると、頭よりも心が折れちゃうんですよ。心が先に折れてしまったら、そこから先に進んでいくものがなくなってしまう。心が折れないで、しかも失敗の体験。それがすごく大事なんです。

 野村さんが常々言っていたのは『バッテリーで頑張って失点を0に抑えれば、いつまでたっても負けることはない』ということです。勝てなくても、負けることはない。その通りじゃないですか。そういうところを目指していくには、今回の伊藤くんの経験はすごくいいと思います」

 開幕前にソフトバンクと並ぶ優勝候補に挙げられていたチームは、ここから逆襲できるのか。その鍵を握るのは、球界トップクラスへの捕手へと着実に成長を続けている伊藤になるかもしれない。

 野口氏はその他の「球界NO1捕手」候補として、西武の炭谷銀仁朗の名前も挙げる。「守りは大丈夫」としつつも「彼が打率2割6、7分くらいまでくれば、例えば森(友哉)君と正捕手争いという話も出てこなかったと思うんです」と打撃面に課題があるとした。

 また、DeNAでの選手時代に後輩だった黒羽根利規については「まだまだ足りないですけど、だいぶ良くなってきたと思います」と評価。阪神の梅野隆太郎にも「OBとして、成長してほしいですよね」と期待した。

 さらに、8年ぶりに日本球界に復帰した黒田博樹とバッテリーを組んでいる広島の會澤翼については「梅野と同じで攻撃型なので、勉強することだらけでしょう。その中でも、梅野より少し落ち着いてやってるかなっていう気はします」と指摘。黒田とコンビを組むことで大きな成長も期待できるという。

 阿部に続く存在は誰になるのか。今年は次の「球界NO1捕手」を巡る争いに注目してプロ野球を追いかけてみると、さらに楽しむことができそうだ。




球界は捕手不足に? 古田、城島らに続く“名捕手”はなぜ現れないのか

 ここ数年、球界を牽引する捕手の台頭が待望されている。各球団の捕手事情を見ても、絶対的なレギュラーと呼ばれる選手は、楽天の嶋基宏ら僅か。古田敦也、矢野燿大、谷繁元信、城島健司、阿部慎之助といったリード・守備力に加え、個性や打力を兼ね備えた各球団の「顔」とも言える強力な捕手が次々と現れた一時代前に比べると、やや寂しい状況となっている。

 なぜ、“名捕手”は生まれてこなくなったのか。ただの時代の波なのか。それとも、何か理由があるのか。

 ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜と4球団で捕手として活躍した野口寿浩氏は現在、野球解説者を務めながら、「OAKS BASEBALL CLUB」で少年への指導を行っているが、「こうやって子どもたちを教えていて思うのは、キャッチャーをやりたい子がいないということですね」と話す。

「今年でスクールをやり始めて5年目になりますが、キャッチャーをやりたいから教えてくれと言ってきたのは2人ですから。例えば、内野手、ショートなどが目立つ。ダルビッシュ君(レンジャーズ)とか田中君(ヤンキース)が出てきて、ピッチャーも目立つ。子どもたちはその辺をやりたがります。キャッチャーまで回ってこないですね」

 今の子供たちにとっては、一時代前の“キャッチャー黄金期”も馴染みがない。古田、城島らのプレーを見たことがない世代へと移行してきたのだ。キャッチャーに憧れを持つという状況になりにくいのか。
.

キャッチャーの指導者不足の影響も?

「今の小学生くらいの子供たちは知らない。プレーを見たことがないです。高校生くらいでも、城島君はどうか分からないけど、古田さんのプレーを見たことがないかもしれないです。『好きな選手は誰だ?』と聞いたら、筒香君とかそのくらいの年代まで下がってくる。

 それなら、城島君を知らないだろうなと。今、現役で活躍してるキャッチャーのことくらいしか知らないだろうと思います。『キャッチャーで好きなのは誰だ?』と聞いたら、嶋君だと言うでしょうね」

 さらに、野口氏がもう1つの問題として挙げるのが、指導者不足だ。キャッチャーは特殊なポジションとあって、野口氏は「やったことない人には教えられないんです」と言う。

「ちょっとポロポロこぼしていたら『しっかり捕れ』しか言えないんです。『こうやって捕れ』『こうしたらいいんだよ』というのが言えない。どこの野球教室に教えに行っても、キャッチャー経験者は重宝されますよ。本当に基本くらいしか教えないんですけど、それが出来ないと次に進めませんからね。基本だけでも、ちゃんと教えられる人がいないから『来ていただいて本当に良かった』と言われます。どこに行ってもそうです。残念ながら今の現状はそういうことなんです」

 野口氏自身は、いわゆる“キャッチャー黄金期”に現役としてプレーしていたが、実は高校を卒業するまでキャッチャー経験者の指導を受けたことはないという。専門的に学んだのは、プロの世界に飛び込んでから。ただ、ヤクルトでは大きな出会いが待っていた。

「技術はその時の2軍のバッテリーコーチに教わって、頭の中は野村(克也)さんに教わって、(キャリアが)始まったんです。すごく恵まれてました。プロに入れば2軍でもコーチはキャッチャーをやっていた人で、技術は教えてもらえますよね。あと、頭の中を作ってくれるのがあんなにすごい人ですから。恵まれた環境にいましたよね。プロに入ってくるまではなかなか(いい捕手の指導者に)巡り会えない。巡り会えても、すごく稀なケースになっちゃってるんですよね」

良くも悪くも、試合を一番操作できるのはキャッチャー」

 野村氏の存在は、間違いなく野球におけるキャッチャーの重要性をより明確なものにした。多くの人に再確認させたと言うべきかもしれない。野口氏は、これでキャッチャーのハードルが上がった可能性もあると指摘する。

「野村さんがあれだけ『キャッチャーが大事だ。キャッチャーが大事だ』と言ったから、逆にやり手がいなくなっちゃったのかもしれないです。責任が重すぎて。『僕には無理だ』という人も中にはいたかもしれないですよね。野村さんが監督を辞められた後の解説とかを聞いてても『オレはそんなことできないよ』と、思っちゃった人もいたかもしれない。『逆算して配球を組み立てるって、その通りにならなかったらどうするんだ』と思う人もいるじゃないですか。本当は(キャッチャーが)そうさせるんですけどね」

 ただ、重要な存在だからこそ、キャッチャーとしてプレーする喜びは大きいという。

「大変だけど、一番やりがいがあるんです。勝ったら評価してもらえますからね。良くも悪くも、試合を一番操作できるのはキャッチャーなんです」

 野口氏は、ヤクルト時代のミーティングで野村氏が口を酸っぱくして話していたことがあると明かす。

「野球はピッチャーが投げないと(ゲームが)始まらないスポーツだけど、ピッチャーが投げる前に何をするかというと、キャッチャーのサインを見るんです。そうしないと始まらないんです。プレーの一番最初はキャッチャーがサインを出すんですよ。キャッチャーが全てを握ってるんです。『だからしっかりやれ』と言われました」

 現在の球界にも、これから“名捕手”へと育っていく可能性がある選手は、もちろんいるだろう。各球団の「顔」となるような強力な捕手は、現れるのだろうのか。
by mohikan-5 | 2015-05-13 22:39 | 楽天イーグルス'15 | Comments(0)

嶋基宏選手応援ブログ


by mohikan-5
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31